第370回 群馬大学アナログ集積回路研究会 (18/11/27)

イベント, 群馬大学アナログ集積回路研究会共催

  • 日時:2018年11月27日(火) 16:00 – 17:30
  • 会場:群馬大学理工学部(桐生キャンパス)3号館509号室(E大教室)
    交通アクセス / 桐生キャンパス案内図
  • 講演題目 「素材(素子)に親しもう」
    源代裕治 氏 (ザインエレクトロニクス)
  • 参加費:無料
  • 本講演はお申し込み不要でございます。
    参加を希望される方は、当日会場へお越しください。


概要:
 今回の講義では、集積回路が登場する前、すなわち真空管やディスクリートトランジスタの回路を見て行きます。それぞれの時代に最適と考えられた回路の、必然性と蓋然性は何だったのでしょうか。このような観点で考えると、ポストCMOS時代に残るもの、変わるものが微かに見えて来るかも知れません。
 たとえば素朴な疑問として、真空管回路は高電圧で、触ると人間が感電します。一方、先端ICでは、触るとICの方が壊れます。この違いの本質は何処から来るのでしょうか。

群馬大学アナログ集積回路研究会web


PAGE TOP