第381回 群馬大学アナログ集積回路研究会 (19/4/23) [終了]

イベント, 群馬大学アナログ集積回路研究会共催

  • 日時:2019年4月23日(火) 12:40 – 14:10
  • 会場:群馬大学理工学部(桐生キャンパス) 3号館509号室(E大教室)
    交通アクセス / 桐生キャンパス案内図
  • 講演題目 「エコカー(HV/PHV/EV/FCV)の市場/技術動向」
    中谷隆之先生(群馬大学 協力研究員)
  • 参加費:無料
  • 本講演はお申し込み不要でございます。
    参加を希望される方は、当日会場へお越しください。


概要:
環境問題から世界の車メーカのエコカー(HV/PHV/EV/FCV)シフトが起きている。まずはトヨタが築いてきたハイブリッドカー市場の歴史と今後のエコカー戦略を概観する。

次にプリウスを例に高度なエレクトロニクス技術の塊であるHV技術を解説し、 トヨタ、ホンダ、日産のHV技術の違いや各社PHV/EV/FCVについて解説する。またEVで先進的なテスラのEV用高度バッテリー管理技術について紹介する。

内容:
・エコカー(HV/PHV/EV/FCV)の歴史
・ハイブリッドカー(HV)の販売推移
・トヨタの環境技術戦略  2020年代前半に全個体電池でEV本格化
・現状、EVはほんとうに環境に優しいのか?
・ハイブリッドカーが環境に優しいわけ
・ハイブリッド方式の概要  シリーズ、パラレル、シリーズパラレル、プラグインなど
・トヨタのHV技術の歴史と技術動向
・プリウスに見るHV車のエレクトロニクス技術
・ホンダのHV技術の歴史と技術
・日産のHV技術e-PowerとEV技術
・テスラのEV技術とバッテリー制御技術
・燃料電池車(FCV)技術

HV: Hybrid Vehicle(ハイブリット自動車)
PHV: Plug-in Hybrid Vehicle(プラグインハイブリッド自動車)
EV: Electric Vehicle(電気自動車)
FCV: Fuel Cell Vehicle(燃料電池自動車)


群馬大学アナログ集積回路研究会web


PAGE TOP