応用科学学会公開技術講演会(19/6/12)

イベント, 専門委員会主催

    • 日時:2019年6月12日(水) 15:00~17:00
    • 会場:東京工業大学大岡山キャンパス 南3号館2階会議室(201号室)
      東京都目黒区大岡山2丁目12-1
      交通アクセス
      キャンパス内マップ
    • 参加費:無料

  • お申込み
    下記の専用申込みフォームに必要事項を入力の上、お申込みください。メールにて受講票をお送りいたします。
    ※受講票が前日までにお手元に届かない場合は、右下のお問い合わせ欄よりご連絡ください。お申込みはここをクリックしてください。

【プログラム】

15:00~16:00 講演1
『電磁超音波法による遠隔監視と配管減肉管理への応用』

神戸大学名誉教授・HMTロボット有限責任事業組合代表 小島 史男 氏

センサーネットワークを活用した構造物の遠隔支援にもとづく供用期間中検査が注目されている。電磁超音波探触子(EMAT)は遠隔的に超音波の送受信が可能であることから,インライン計測や電力プラントの非破壊検査への応用が注目されている。

本講演においては、電力プラントの配管系統に係る健全性評価を目的として、電磁超音波探触子を配管内に定点設置し、配管減肉の監視を行うシステムについて紹介する。

16:00~17:00 講演2
『エネルギーマネージメント
~再生可能エネルギーベストミックスのコミュニティモデル実証実験~』

金沢工業大学教授 泉井 良夫 氏

脱炭素化を目的に再生可能エネルギーの導入はますます拡大する一方、少子高齢化と過疎化を起因として地産地消が進展しつつある。このため、主に地方における電力・エネルギーに視点を当てて、地産地消としての電力・エネルギーシステムのあり方を考える。

地域における課題や、シーズ技術としてのスマート化技術を概観し、金沢工業大学白山麓キャンパスにて実施中の実証実験システムを一つの事例として紹介する。

17:30~19:30 懇親会
講師の方を交えて、懇親会を開催いたしますので、ぜひともご参加ください。
大岡山駅近辺 / 会費:5,000円程度(学生2,500円)
詳細は当日ご案内申し上げます。

お申込みはここをクリックしてください。


PAGE TOP