第385回 群馬大学アナログ集積回路研究会 (19/6/18) [終了]

イベント, 群馬大学アナログ集積回路研究会共催

  • 日時:2019年6月18日(火) 14:20 – 17:30
  • 会場:群馬大学理工学部(桐生キャンパス) 総合研究棟506号室
    交通アクセス / 桐生キャンパス案内図
  • 講演題目 「サイリスタ特性の基礎」
    松田順一 先生 (群馬大学客員教授)
  • 参加費:無料
  • 本講演はお申し込み不要でございます。
    参加を希望される方は、当日会場へお越しください。


概要:
1. サイリスタの概要
 ・サイリスタの種類と用途、サイリスタの回路記号
2. サイリスタ (Thyristor)
 ・構造と動作
 ・ブロッキング特性
   逆方向ブロッキング特性、順方向ブロッキング特性、カソード短絡
 ・オン状態の特性
   オン状態の動作、ゲートトリガー電流、保持電流
 ・スイッチング特性
   ターンオン時間、ゲート設計、増幅ゲート設計、dV/dt耐性、ターンオフ過程
3. 光トリガサイリスタ
 ・構造とターンオンメカニズム、ゲート領域設計、光誘起電流密度、増幅ゲート設計
4. サイリスタの保護
 ・順方向ブレークダウン保護、dV/dtターンオン保護
5. GTO (Gate Turn‐Off Thyristor)
 ・構造と動作
 ・ターンオフ解析
   ターンオフ条件(1次元解析)、蓄積時間、アノード電圧上昇時間、アノード電流下降時間
 ・スイッチング損失
 ・最大ターンオフ電流
 ・セル設計とレイアウト
6. Triac (Triode AC Switch)
 ・構造と動作
 ・ゲートトリガモード1、ゲートトリガモード2
 ・dV/dt耐性
7. サイリスタ終端領域の電界緩和
 ・ベベル終端(正ベベルと負ベベル)
8. サイリスタ用ウエハと不純物ドーピング


群馬大学アナログ集積回路研究会web


PAGE TOP