第394回 群馬大学アナログ集積回路研究会 (19/10/29) [終了]

イベント, 群馬大学アナログ集積回路研究会共催

  • 日時:2019年10月29日(火) 12:40 – 14:10
  • 会場:群馬大学理工学部(桐生キャンパス) 総合研究棟502号室
    * 教室が、3号館509号室(E大教室)から総合研究棟502号室に変更になりました。
    交通アクセス / 桐生キャンパス案内図
  • 講演題目 「2019年版半導体市場動向」
    中谷隆之 先生(群馬大学 協力研究員)
  • 参加費:無料
  • 本講演はお申し込み不要でございます。
    参加を希望される方は、当日会場へお越しください。


概要:

・半導体分類など重要な言葉の理解
  分類、SoCとは、IDM/ファブレス/ファウンドリなど
・世界の半導体市場の推移/マクロ変化
・2018年度から2019年上期の半導体市場動向
  2019年春版WSTS市場動向概要
  2019年半導体市場が激変。メモリ市況の大幅悪化
  2018年半導体消費企業ランキング。スマホ市場の低迷
  2018年および2019年上期半導体売り上げランキング。IntelがTopへ返り咲き
  2018年日本半導体企業ランキング
  2018年ファブレスとファウンドリ動向
  2019年上期中国半導体現状。米中経済摩擦の影響が色濃く
・半導体アプリケーション市場の変化
  市場はスマホ関連からAI/IoT関連へ
  先進技術のハイプサイクル2019年版
・半導体技術動向概要(微細化、AIプロセッサ、DRAM、3D NANDなど)
・まとめ

群馬大学アナログ集積回路研究会web


PAGE TOP