秋季シンポジウム2017(17/12/13) [終了]

イベント, シンポジウム

  • シンポジウムテーマ:『コネクト -ひとと社会をつなぐ-』
  • 日時:2017年12月13日(水) 13:00~17:50(懇親会:18:00~)
  • 会場:東京理科大学森戸記念館 第1フォーラム>> 会場案内図
  • 参加費
    会員(正会員・学生会員・賛助会員):無料
    非会員:一般:3,000円 / 学生:1,000円

  • お申込み
    下記の専用申込みフォームに必要事項を入力の上、お申込み下さい。メールにて受講票をお送り致します。

    >>お申込みはこちらから。


【講演会・パネルディスカッション】
13:00~17:50(12:00より受付開始)
定員:100名

13:00~13:05
会長挨拶
(一社)応用科学学会会長/東京工業大学名誉教授
藤井 信生
13:05~13:45
基調講演
「5G それは人とアプリケーションを中心とするネットワーク」
東京工業大学
阪口 啓

第5世代セルラネットワーク(5G)の研究開発が、2020年東京オリンピックでのサービス開始を目指して急ピッチで進められています。この5Gは、これまでの「いつでもどこでも誰とでも」のサービスとは異なり、「今だけここだけあなただけ」の人とアプリケーションを中心とするサービスを実現しようとしています。本講演では、それらのサービスの例とそれを実現するキーテクノロジーを紹介します。

13:50~14:30
講演1
「次世代移動通信5Gの世界動向とエリクソンの先進的取り組み」
エリクソン・ジャパン
藤岡 雅宣

2020年前後から商用化が始まる5Gに向けて、標準化やトライアルが急ピッチで進んでいます。5Gは、スマートフォンに代表される人が利用するモバイルブロードバンドだけではなく、様々なモノがネットワークに接続されるIoTの高度化も視野に入れています。自動車、工場、医療、電力など多くの産業で5Gが利用され、作業効率が飛躍的に向上したり、自動化が推進されるなど、5Gは社会全体に大きな変化を引き起こす可能性があります。本講演では、5Gとはどのようなものか技術的に解説すると同時に、ビジネスや社会への影響を論じます。また、エリクソンで進めている様々な業界とのトライアルを中心とした取組みについて概説します。

14:30~15:10
講演2
「自動運転を支える分散コンピューティング技術」
日本IBM株式会社 ソフトウェア&システム開発研究所
浅井 信宏

自動運転に関する車側の技術進歩は著しいものがあるが、同時にその走行をサポートするためのサーバーシステムも様々な機能が必要となっている。車に備えられた様々なセンサーやレーザー技術により静的・動的状況を判断して車体制御をする一方、その検知範囲は限られており、より広範囲の状況をサーバーを介して共有しながら安全で快適な自動走行が望まれている。IBMでは金融の世界でも使われている分散コンピューティングの技術を応用して低遅延で動的情報を共有できるシステムを提供しており、その技術および分析技術も含めたシステム全体像を紹介する。

15:20~16:00
講演3
「リアルタイム・ビックデータを活用したTomTom交通情報とその応用技術の紹介」
TOMTOM JAPAN
山田 茂晴

TomTomは世界60カ国以上でリアルタイム交通情報を展開。5億5千万台にのぼるプローブ情報を利用した情報は、TomTomが10年以上蓄積したデータと、AIによる解析を駆使した最新のIoTプラットフォームです。リアルタイム性に優れたTomTomの交通情報を応用するとこで、安全で利便性の高い様々なサービスを実現することが可能になります。また、地図製作に欠かすことのできない変化点の検出にもプローブが使用されています。地図にもリアルタイム性が求められており、最新の地図製作プラットフォームが必要不可欠です。ライブ・デモンストレーションも含め、わかり易く最新トムトムIoT技術を紹介いたします。

16:00~16:40
講演4
「加古川市ICT(情報通信技術)を活用した安全・安心のまちづくり推進事業の概要」
加古川市 企画部 政策企画課
三和 宏幸

加古川市では、「子育て世代に選ばれるまち」「シニア世代も安心して心豊かに暮らせるまち」の実現に向けて、ICT(情報通信技術)を活用した安全・安心のまちづくり推進事業を推進している。ICTの活用として、①防犯まちづくり:見守りカメラ、見守りサービスログ情報、(スマホアプリ)ボランティア参加者、②交通まちづくり:プローブデータ活用、③防災まちづくり:Wi-Fiログ情報、(スマホアプリ)コミュニティアプリ利用の主要3つのシステムとその複数分野のデータを収集し分析等を行う基盤(プラットフォーム)を整備推進している。本講演では、本事業の背景・目的・目指す姿を踏まえ構築しているシステムの説明を行う。

16:50~17:50
パネルディスカッション
『コネクト -ひとと社会をつなぐ-』
モデレータ:阪口 啓
パネリスト:藤岡 雅宣、浅井 信宏、山田 茂晴、三和 宏幸

【懇親会】講師の方・シンポジウム参加の皆様との交流会

18:00~ 懇親会参加費 : 一般:3,000円、学生:1,000円
東京理科大学森戸記念館内にて

PAGE TOP